物語

【with体験記】会ってすぐにSEXするまで。マッチングからLINE電話の軌跡

前回の敗戦から一週間。

全力でやって負けたから悔しい。俺はまだまだ弱いなー

続きを見る

俺は再び同じ駅に降り立った。

前回のコではなく、新規のコと会うためだ。

会うためというのは語弊がある。

SEXするためだ。

この記事はマッチングしてLINE電話までの体験談です。

続編『会ってすぐにSEXしてからお家に帰るまで』はこちら

この記事を書いてる人

太陽
静岡でマッチングアプリを攻略してます

太陽のプロフィールはこちら

マッチングからLINEをゲットするまで


某マッチングアプリで地味系の眼鏡っ娘を発見する。

ここで言っていいかわからないけど、
俺は地味な眼鏡っ娘がドストライクだ。

地味な眼鏡っ娘がベッドでは同一人物ですか???と思うほどに豹変するのが大好きだ。

本題に戻ります。

最初のメッセージ

マッチング後にすぐにいつものメッセージをかます。
これは返信させる用のメッセージ。
一回でも返信することでサンクコストがかかる。

2通目

プロフに住んでいる地域は分からなかったので、2通目のメッセージでだいたいどの辺に住んでいるか特定する。
ちょっと遠いけど、俺の行動範囲内だったので問題ない。

3通目

3通目で自己開示からの質問で相手の食の好みを知る。
地味な眼鏡っ娘も同じようなものが好みとの返信が来る。

俺は自己開示の時点で大半の女が好きなものを言ってるので、同じ系統のものが好きだと返信しやすくしている。

正直俺は食にそんなに興味がないが、女の大多数は食に興味がある。
某多目的トイレ利用者さんもグルメであるように、食に詳しいことは女の子からの食いつきを上げる。

4通目

3通目の返信を受けて、同じ系統のものが好きだったので

「〇〇好き仲間発見^^」と送る。

仲間意識を持ってもらう。
俺は敵ではなく、味方と少しでも思ってもらえれば十分。

俺は4通目でゴハンに誘うと決めている。

  • 4ラリー以上メッセージを交わすのがコスパが悪い。
  • この辺りでノリよく会おうとしない女の子に時間をかけても意味がない。
  • 女の子のメッセージスキルは低いのでイライラすることが多い。

以上の点から、これでダメだったら次の女の子にに行く。

今回の地味な眼鏡っ娘は快諾してくれた。

5通目

アプリにはまだまだライバルが多いので一つ抜け出すためにもLINEを知りたい俺。

なので5通目はLINEを教えてくれる系のメッセージを送る。
この5通目にはLINE電話をすることも含んでいる。
電話することに意味を持たせるのだ。

正直、ここまでは無思考の作業なので楽しくない。
ルーティンワークみたいなものだもん。

大事な大事なLINE電話チャーンス

LINE電話の注意点


LINE交換後に電話する日時を決める。

電話する時間は21時以降が望ましい。

だってエロい話をするから。
夜はエロい話をしても許される。

これが昼間だったら嫌悪感を抱かれやすいので要注意だ。

何事をするときも目的意識を持つことが大事。

目的もなく進めても成果は出ない。

話の流れが思いも寄らない方向にいっても、目的に向かって軌道修正が出来る。

俺のLINE電話での目的は次の2つの内のどっちかになる。

・実際に出会って〇〇ちゃんが素敵な女の子だったら口説くことを快諾してもらう

・電話で話して楽しいから、会って外見を見て「男としてアリ」と判断したらさっさと体の相性を確かめる。

今回は後者を選択した。

LINE電話開始


電話してすぐに『ちょっと独特なコかもしれない・・・』と察知する。

俺は抱きたいと強く思っていたのでフルシカトした。
地味な眼鏡っ娘激ラブです。

まずはいつも通りに和む。

・今日何をしていたか?
・仕事のこと
・女の子が何に興味があり、何をしてるときが一番楽しいか?

話すことは事前に決めておくと楽だ。

これは身だしなみと同じくらい大事なことだ。

ふむふむ。いい感じだ。
話がゴムボールのようによく弾む

向こうから恋愛の話を振ってきた。

ヨシ!俺から恋愛の話を振る必要がなくなり波に乗り出した。

ここで某海賊マンガの有名シーンを使った『後悔したくない。人生を楽しんでるキャラ』アピールをする。
これは後々の布石となる。

アプリの女の子
うんうん。その考え方素敵だよね^^ 私も~

地味な眼鏡っ娘は自己開示をどんどんしてくれるところを見ると、深い共感を得ているようだ。
いい感じだ。ゴールまでもう少し。焦らずじっくり行こう。

俺の頭の中では『いい波乗ってんねー』が流れ出した。

ここまでは俺の計算通り。

その後にオリジナルの価値観を3連続でブチかます。

これらは言われてみれば当たり前のことを言ってるんだけど、はっきりと言葉にして伝えることが肝心だと考えている。

特に最後に伝えている価値観は、先ほどの『後悔したくない。』価値観が布石となっているので相手の感情をガンガン揺さぶる。

大半の女の子は

アプリの女の子
そんなこと言われたの初めてです。ストレートに言いますね。

そんな反応をしてくれる。

地味な眼鏡っ娘も例外ではない。
地味な眼鏡子も共感してくれ、翌日に会ってSEXをすることになった。

続編『会ってすぐにSEXしてからお家に帰るまで』はこちら

-物語
-, ,

© 2022 地方のおっさんがマッチングアプリで美女を抱く物語 Powered by AFFINGER5