考え方

マッチングアプリで友達止まりになる唯一の理由と突破方法

[voice icon="https://loveinlocal.com/wp-content/uploads/2020/04/imgrc0062374543.jpg" name="一年前の太陽" type="r line"]

晴子ちゃん、今日はありがとう😀
またゴハンに行きましょう!

[/voice]

マッチングアプリで知り合ってから
1日2、3回がメッセージをしてきた。

ゴハンには俺から誘った。

某有名雑誌に書いてあったように
晴子ちゃんには特別優しくした。

服だってダサくないように
マネキン買いをした。

紳士のお手本のようにリードだってした。

得意のモノマネをしてたくさん笑わせた。

ゴハン代だって全部奢った。

なのに、
最初のゴハンに行った後に送った
LINEに既読がつくことはなかった・・・

しかし、今ならば、
なぜLINEに既読がつかなかったか?
分かる。

この時の俺に決定的に欠けてていたモノがあった。
俺はそれを埋めてきた!

■自己紹介

LINEが返ってこなかった理由

LINEが返ってこなかったのは

デートした女の子に

こいつは友達でいいかなww

って判断されたから。

こいつは友達でいいかなww

と超遠回しにいったけど、
端的に言ったら

こいつは恋愛対象外だ!!!
返信しなくていいだろw

ってことだ。

マッチングアプリにおいて

友達止まり=恋愛対象外

この恋愛の対象外の壁を
突破する唯一の力

それは

口説き

友達止まりを突破する『口説き』とは!?

  1. 言葉>>>>超えられない壁>>>雰囲気
  2. 口説く

言葉>>>>超えられない壁>>>雰囲気

恋愛において口説くってことは
最重要であり、優先順位が極めて高いものだ。

にもかかわらず、
俺はそれを33年間学ばなかった。

学ばなかった。
知ろうともしなかった。

だから、友達の壁分厚いと思っていた。

恋愛ドラマでみるような
なんとなーくお互い分かるでしょ・・・

みたいなモノを思考停止状態で
お手本にしていたが
どーやらお手本を間違えていたようだ。

あれはイケメン限定の技だ。

俺のようなnotイケメンは
雰囲気ではなく、
しっかりと言葉にして伝えなければならない。

言葉>>>>超えられない壁>>>雰囲気

口説く

俺が定義する口説くとは

俺はこの後〇〇を抱きたい

この気持ちを言葉にして伝えることだ。

俺は仲良く話せれば、
優しくしておけば、
ゴハンを奢っていれば

抱ける

と思っていた。

何回も何回も間違った方法を
繰り返しやってしまっていた泣

口説くことをしない限り
女を抱くことなんて出来ない。

しかーし、いきなり

俺はこの後〇〇を抱きたい

って伝えても
抱ける可能性は1%もない。

それはただの自滅行為だ。

口説きに辿り着くまでには
下準備が必要になる。

『口説く』までの地図

口説くに到るまでには地図がある。

これがあることによって
最短距離で楽しい時間に
到達できるww

和む

和むとは

こいつだったら恋愛の話してもいいな

と思わせることだ。

次のステップが恋愛なわけだが、
話をするのも嫌な奴と
恋愛の話なんてしたくないものだ。

だからこそ、まずは

こいつとだったら恋愛の話してもいいかな
(⬆️この書き方だけど女の子の方が上のようですが、女の方が圧倒的に有利です。)
って状態に持って行く。

話す内容はなんでもいいよ^^

というと迷える子羊を量産してしまうので、
具体例を書きます。

俺がいつも話しているのは

  1. 今日何してたか?
  2. どんな仕事をしているか?
  3. その仕事のやりがいと不満
  4. 好きなことは?

①②だったら女の子側も答えやすい。

最初からう〜んと頭を悩ますことは悪手だ。

③は②の深堀。

この深堀とは感情面に入り込んで行くってこと。

欠陥住宅の壁のような
うすーい質問は退屈でしょうがない。

それは質問ではなく尋問に近いようなものもある。

どんなご飯が好きなの?

学生の時は何部だった?

休みの日は何してる?

その他クソ質問etc

俺も昔はこんな感じの
マシンガン尋問トークをしていた。

こんなことしてたら時間が経つにつれ、
女の子から負のオーラが出ていたね。

早く帰りて〜

って心の声が聞こえてきた。

そんな苦境の中で
心理学の本を買ったんだ。

だって人って感情の塊じゃん。

そんで持って、
それをまとめたものが心理学だから、
学ばない手はなかった。

学ぶのに遅すぎることはない。

学ぶのならば今しかねー!

④は女の子がもっともイキイキと
話せる問いだ。

感情を如何にして動かすか?

動いた結果、
俺といたら楽しいってことを
実感させる!

心理学から学んだことを
活かした結果、

この4つのことは絶対に
話してもらうことにしている。

恋愛の話

和みの段階で
こいつとだったら恋愛の話をしてもいいかな^^

と思ってもらえるようになったら、
すかさず恋愛の話をする。

マッチングアプリで知り合ってるんだから
和んでいれば恋愛の話をするのは簡単だ。

俺は和んだ!

と確信したら、

マッチングアプリで知り合ったから
恋愛の話もしていい?

と素直に伝える。

これは軽いトーンで言うのがコツ。

マジトーンだと100歩ほど引かれるから
気をつけて。

口説く

恋愛の話も出来た!

俺と話して楽しんでる!と思えば
下準備は完了だ。

ここで引いてはならない。
ゴールはすぐそこにある。

「口説く」と言ってもビビる必要なんてない。

二人っきりで
恋愛の話をしてる時点で
多少なりとも意識は出来ている。

そんな意識も出来ない
不感症な女ならば
潔く諦めて次の女に行く。

俺の口説き文句は

『〇〇ちゃんと話していて
楽しかった。

正直いいなーと思ってる。

だから、この後一緒にいて欲しい』

軸はこれだけだ。
後はこれに枝葉をつける。

これを自信満々に笑顔で伝える。

俺はローランドになったような気分で
口説き文句をブチかましてきた。

「口説き」まとめ

和む⇨恋愛の話⇨口説くの
3ステップは鬼大事だ。

口説いた結果
嫌われるかもしれない。

うやむやな状態でいるよりも
10000倍いい。

嫌われたらなんの迷いもなくなる。

次の気になる女の子に
躊躇せずに行けるんだから。

成功したら・・・
心の中でガッツポーズしてきた!!!

-考え方
-, ,

© 2022 地方のおっさんがマッチングアプリで美女を抱く物語 Powered by AFFINGER5