体験談

女を抱くのに必要なのは何なのか?保育士さんとのデートで痛いほど分かった。

今回は俺がペーペーの時代の話だ。

口説き慣れてない。

女の子には優しくするのも全奢りするのも当然だと思ってい頃のことだ。

変わらなければ生き残ることは出来ないと悟ったきっかけになった話だ。

この記事を書いてる人

太陽
静岡でマッチングアプリを攻略してます

太陽のプロフィールはこちら

口説きやすい職業ベスト3

1位 看護師

2位 介護士

3位 保育士

これらは甲乙つけ難いが、口説きやすい職業のベスト3だ。

この職業の女の子たちが口説きやすい理由はスキンシップが多い職業だから。

その他の職業に比べたら肌の接触頻度が高いです。

俺の経験上でも看護師は圧倒的に口説きやすかったです。

職業を絞ってマッチング

保育士さんは口説きやすいランキングでは3位ですが、その他の職業に比べたら保育士さんも圧倒的に口説きやすいです。

社会人だったら一日の内3分の1は仕事をしています。

仕事はその人の思考に深く関わってます。

だから口説くことを考えれば職業は需要な要素の一つです。

今回話したいのは保育士さんとカラオケに行ったことです。

この経験によって俺は変わらざるえない状況になりました。

約59kmも離れた地域に住んでる保育士さん

ビギナー時代にお世話になったサロンの先生に上記のランキングを教えてもらった俺は職業で絞って「いいね」を送っていた。

そんな中、低身長の保育士さんとマッチングした。

毎日メッセージを交わしていくと、保育士さんの住んでいる地域が袋井と言うことが分かった。

俺が住んでる地域から約59kmも離れている。

ゴハンに行くとなったら俺が行くことになるのかな・・・

モテない太陽
めんどくせ〜(当時はフットワークが死ぬほど重かった)

どーしたらこのめんどくせ〜ことを避けることができるか?

人は損失に強く反応すると言う心理学の格言があるけど、この距離はまさに損失だったし回避したかった。

メッセージの中で、お互いスイーツが好きってことは知っていたので、

モテない太陽
美味しいタルトを食べながら、カラオケしよう

オファーしたら、すんなり通った。

俺は自分の時間と労力を使う代わりに、金を使った。

サロンの先生に

モテない太陽
今度保育士さんと会うことになりました。なんと約59kmも離れた地域から俺に会いに来てくれます

と報告したら

保育士さんは口説きやすいです。わざわざ会いに来てくれてるんだからビギナーの太陽さんでもいけますよ。嬉しい報告待ってます。

と返信が来た。

サロンの先生に応援してもらったこともあり、意気揚々とデート当日を迎えた。

デート代は男が全て出すのだと盲信していた

雨だったにも関わらず、ドタキャンすることなく保育士さんは車で来てくれた。

保育士さんの第一印象は

モテない太陽
写真よりもずっと可愛い。

駅から少し離れたタルト屋に行って、一緒にタルトを選ぶ。

静岡には全国的にも有名なタルト屋の本店があり、そこだったら食いつきは必ず上がると確信していた。

タルト3個で3000円ぐらいだったが、男気を見せるために全奢りした。

一年以上前のことだけど、未だに覚えている。

だって高かったんだもん。

タルト屋を出て、持ち込みOKのカラオケにイン。

モテない太陽
今日で俺も素人童貞卒業か!

カラオケでスイーツを食べてから口説く未来が見聞色の覇気を鍛えすぎたカタクリのように見えていた。

女は弱い男に対してなんとも思わないよ。

今だったらカラオケに入ったらどんな手順を踏めばいいのか迷うことなく実行できる。

どーしたら自然と隣の席に座れるか?

何を曲を歌うべきなのか?

どんな価値観をぶち込めばいいのか?

女の子と初めてカラオケにインする俺には未知数なことばかりだったから、何をするにもいちいち許可を得ていた。

自信のない弱い男に見えただろう。

保育士さんが大好きなタルトは全部奢ったし、優しくした。

こちらに来る手間もかけさせた。

だから弱そうな男に見えたとしても口説けばいけると思っていた。

サロンの先生の後押しもあったし。

現実はそんなに甘くはなかった。

お互いに数曲歌った後に保育士さんから衝撃の一言が出た。

アプリの女の子
この後、先輩のお家に行かないといけなから帰るね

こちらが口説くアクションを起こす前に一刀両断された。

驚きすぎて思考停止になった.

太陽はパニクりながらも激怒したかったが、女の子にキレたことがなかったので、どんな行動をしていいのかも分からなかった。

感情が迷子になっていた。

モテない太陽
うん、分かった。

言葉では「分かった」と言いながら、何が分かったのか分からなかった。

言葉と心のバランスを欠いていた。

恋愛の経験が圧倒的に足りない弱者なんてそんなもんだ。

そして保育士さんと健全に解散した。

保育士さんが大事なことを2つ教えてくれた

保育士さんには大事なことを2つ教えてもらった。

女からしたら弱い男の努力なんて知らんわ

今回のデートは俺が全奢りしたけど、女からしたらそんなの関係ない。

女からしたら弱い男の努力なんて知らんわって感じです。

これって他人がやってることだったら客観的に判断できる。

弱い男が金をかけただけじゃダメだろ。

金をかけただけでタイプの女の子を抱けたら苦労はしない。

でも、自分ごとになると客観的に見ることは難しい。

逆を考えると分かりやすい。

もし自分が女だったら、少し奢ってもらった程度で抱かれるだろうか?

俺は自分で経験したからこそ金をかけただけではダメだってことが痛いほど分かった。

女の感情を動かすこと。

金をかけてもダメ。

じゃあどーしたらいいのか?

感情を動かす。

金もない、若くもない、かっこよくもない男がすべきはこれだ。

この一択。

それ以外の外見や金は最低ラインを越えていくスタイルだ。

今の俺は正直デートに金なんてかけない。

ゴハンもホテル代も割り勘だ。

奢ってる男に比べたら不利かもしれないけど、2人に会えば1人は抱ける。

それもタイプの女の子を抱いている。

それは感情を動かしているから。

俺はどーしたら対面にいる女の子の感情を動かせるのか?だけを考えている。

このことに気がつかなかったら、俺はマッチングアプリでの出会いを諦めて今でもソープに課金することを続けていただろう。

優先順位の圧倒的一位が感情を動かすことに変わった。

まとめ

保育士さんと出会ったことで金その他のコストをかけることが大事でないと分かった。

そんなことよりも感情を動かすことの方が100億倍大事だ。

これだけでも保育士さんと出会えてよかった。

-体験談
-,

© 2022 地方のおっさんがマッチングアプリで美女を抱く物語 Powered by AFFINGER5