モテ男

マッチングアプリで出会ってきた女たちの特徴【女のダークサイド】

太陽
女の子は心が綺麗で、か弱くて・・・

マッチングアプリで知り合った女にはそんな女の子もいた。

マッチングアプリ歴が長くなるほどに、そんな女の子ばかりでない現実にブチのめされた。

いつもは希望を感じることを書いていますが、今回はそういった話ではないです。

俺が目の当たりにした女の子のダークサイドを話していきます。

この記事を書いてる人

太陽
静岡でマッチングアプリを攻略してます

太陽のプロフィールはこちら

無計画なドタキャン問題

小学校の女教師と昼ゴハンに行く約束をした時の話だ。

俺と女教師が住んでる場所は100km以上離れていた。

そこで中間地点である静岡県N津市で会うことに。

俺は電車を乗り継いで行かなければならず、お昼にN津駅に着くには10時には家をでなければならなかった。

俺は前日夜勤だった為、短い睡眠をとって起きてすぐに家を出た。

電車に乗ってる最中、女教師からのLINEが鳴る。

アプリの女の子
体調が悪いので、今日会うのは中止にしてください。

俺は数秒思考停止フリーズ状態になった。

こんなLINEが来たら、99%の男はこう思うだろ。

LINEが来た時間は11時ちょっと過ぎ。

女教師の方も遅くても10時半には家を出ないと間に合わないのに・・・

なんだこのズボラな計画なドタキャン。

100万歩譲って体調が悪かったとしよう・・・

もっと前に連絡すべきだろ!

怒り過ぎてスーパーサイヤ人2を超えて、スーパーサイヤ人3になりそうだった。

俺は怒りを沈める為に、途中の駅で降り愛飲の缶コーヒーを買いベンチに座った。

少し落ち着いたところで切符をスマホでパシャり。

モテない太陽
この怒りを忘れてはならない!

そのためだけに写真に納めた。

女教師の顔は微塵も覚えてない。

だけど、この女教師は大事なことを教えてくれた。

女は雑に約束を破る。

これ以降にもドタキャンする女は何人かいた。

だけど、もう怒りは湧かない。

なぜなら女はそういった生き物だと分かっているから。

LINEの既読スルー問題

マッチング、メッセージ、LINE交換までは超スピーディーにいった。

LINEも最初はテンポよくポンポン交わした。

でも、突然LINEが途切れたプツン。

モテない太陽
あれ?俺はヘンなLINE送ったのかな?

何度見直しても問題は見当たらない。

プロが作ったLINEだし、これまで何回もうまくいったLINEだ。

女はなに一つ問題がなくても、なんの前触れもなく既読スルーをする。

女は感情的な生き物だ。そんなことを聞いたことがある。

俺は違うと思ってる。

女は気分の生き物だと思ってる。

気分でマッチング。

気分でメッセージ。

気分でLINEを既読スルーする。

気分でドタキャンする。

未だにLINEが既読スルーする女はいる。

これからもいそんな女はいるだろう。

だけど、もう怒りは湧かない。

なぜなら女はそういった生き物だと分かっているから。

また遊ぼうね問題

女子大生をを口説いて、その日のうちにホテルでSEXをした。

朝起きてからも2回SEXした。

朝10時前にホテルを出て、お昼を食べて解散。

女子大生は可愛らしい笑顔で

アプリの女の子
また遊ぼうね

と言ってくれた。

昨日のこともあって、俺はまた会えるのだと安易に信じていた。

女子大生にブロックされた事実を知るまでは。

女は息を吸うように自然にブロックする。

迷いなんてなに一つない。

また遊ぼうねって言うのは、女の子が気分で使う社交辞令だ。

復習だけど女の子は気分の生き物だ。

これからもそんな女はいるだろう。

だけど、もう怒りは湧かない。

なぜなら女はそういった生き物だと分かっているから。

メイクうますぎる問題

女の子のメイク技術に圧倒されたことがあった。

ハリーポッターを彷彿させる魔法だ。

テレビで化粧のビフォーアフターは見たことあったけど、演出が強く入っているから大げさなのだと思っていた。

それもあって素人女の化粧のビフォーアフターを見たときは愕然とした。

メイク道具とメイク技術はマジですごい。

もはや魔法というか、男を惑わす呪いなのかもしれない。

女のすっぴんを見るときは覚悟しておいて欲しい。

俺は女のすっぴんに驚かない。

なぜなら女はそういった生き物だと分かっているから。

まとめ

俺がマッチングアプリで知り合って見えてきた女のダークサイドの一部を紹介してきました。

この記事を読んで事前準備しても、傷つくのは避けられないだろう。

サイヤ人みたいに戦うほどに強くなれると、恋愛は加速的に楽しめるよ。

-モテ男

© 2022 地方のおっさんがマッチングアプリで美女を抱く物語 Powered by AFFINGER5