魅力を上げるアイテム

【近くの安いビジネスホテルのススメ】コスパが凄くて虜になった

太陽
女の子の気分は男には理解し難いぐらいに変わりやすい。口説いたからって気をぬくと一蹴される。

俺には真夏の心霊スポットに行くよりも怖いことがある。

力の限りを尽くし、口説いてホテルに行ってセックスすることを承諾してもらったのに、ラブホが満室で何件も回った後に

小悪魔
歩き疲れた。今日はもういいよ。また今度にしよ。

と言われることだ。

努力の全てが無駄になり、膝から崩れ落ちたことが何度もある。

東京や大阪などの大都市とは違い、地方は繁華街にラブホテルが少ない。

田舎は高速道路の出入り口はラブホテルに密集しているけど、繁華街から遠い。

片道1500~2000円は地味に痛い。

少額だがミルフィーユのように重ねていくと、ボディーブローの如くダメージが蓄積していく。

俺は繁華街で美味しいゴハンを食べてからホテルに行ってセックスをするというゴールデンコースを計画していたが、最後の最後で順調に行っていた計画が破綻することが多かった。

ラブホテルは行ってみるまで満室なのかどうか分からない問題がある。

それを解決してくれるのがビジネスホテルだ。

この記事を書いてる人

太陽
静岡でマッチングアプリを攻略してます

太陽のプロフィールはこちら

ビジネスホテルを使いたくなるメリット

好立地条件の鬼。繁華街からとにかく近い。

ビジネスホテルは駅の周辺にとにかくある。

駅の近くには繁華街があり、そこには美味しいゴハン屋さんがある。

美味しいゴハン屋さんからからホテルまでの距離は短ければ短いほどいい。

口説いた女の子から

小悪魔
歩き疲れたー(帰りたい)

なんてキラーワードが出るのは絶対に防ぎたい。

それを防いでくれるのがビジネスホテルだ。

ラブホテルと比べたら数が圧倒的に違う。

さっさとホテルにインすることは正義なのだ。

酒を飲んでも平気。

ゴハンの席で勢いをつけるためにお酒を飲む男も多いだろう。

ゴハン屋さんからホテルまでの距離が近ければ、少し多めにお酒が入ってもホテルに着くことができる。
(飲みすぎるとホテルに入れてもらえない可能性があるから程々に)

逆に距離があると、お酒の飲み過ぎでゲームオーバーになることだってある。

酒を飲む男にとって近くに数多くあるビジネスホテルは強い味方なのだ。

予約ができる

ビジネスホテルは電話で空室確認ができる。

部屋が空いて入れば予約できる。

ラブホテルは早い者勝ちなので、電話で状況確認しても予約はできない。
(これは俺が住んでる地の方での話だ。ってかラブホテルに電話することがイヤだ)

予約できるって安心感がある。

安心感から余裕が出る。

女は余裕のある男が大好きな生き物だ。

身バレ回避

女の子とセックスはしたい。

でも、まだ信頼には至らないなんてケースが俺には多々あった。

一人暮らしだったとしても、身バレを回避したい。

実家暮らしだったら、外泊するしかない。

そんな時にセックスするからといってラブホテルではなく、ビジネスホテルって選択肢を持っておく。

安い。明瞭会計。

ラブホテルは3時間の休憩でも5000円なんてザラだ。

宿泊だと1白10000万円前後になる。

インする時間帯によってはどんどん加算されていく。

料金にビビって何度も料金確認するのは、女の子からしたら格好悪く見えて萎える。

それに対してビジネスホテルは1泊しても2人で8000円程度。

インする時間帯に関係なく、料金の変動がない。

デートにかかる総費用を予め計算することが出来るって素敵やん。

清潔感の勝負

ラブホテルは清潔感がないなんて思ってる女の子もいる。

カップルによってはなかなか大胆なことをする輩もいるからね。

一方で、ビジネスホテルは清掃が行き届いているイメージがある。

少なくとも汚いなんてイメージはない。

こういったマイナスポイントとなる部分は減らすべきだ。

これはイメージの話であるけど、イメージの力は侮れないよ。

必要最小限のものはある

ビジネスホテルは狭いし、ベッドだってラブホテルほど大きくはない。

だけど俺は必要最小限のものがあるだけで十分だ。

セックスするだけなんだから。

長時間滞在可能

女の子と会うのは雰囲気も重視して夜が多い。

だけど上達して昼にも会って口説けるようになったら・・・。

ビジネスホテルのチェックインは15時ごろってのがほとんどだ。

15時にチェックインしようが22時にチェックインしたって料金が変わらないのであれば、15時にチェックインすることには夢がある。

その時間にインできたら、15時から翌日の10時のチェクアウトまでイチャイチャできる。

GO TO TRAVELの恩恵を受けれる

7/25にビジネスホテルを利用したら、フロントがGO TO TRAVELの説明をしてくれた。

そのサービスの利用が出来るとは思っていなかったので素直に嬉しい。

料金によってはほぼ無料でビジネスホテルを利用できるようになるみたい。

サービスに関しては調べてしっかり利用していきます。

よーく考えよー。お金は大事だよー。

ビジネスホテルのデメリットと解決策

アメニティがない。

ビジスネホテルは必要最小限のものしかないからアメニティはラブホテルほど充実していない。

メイク落としがないホテルもある。

それぐらいはコンビニで買えば解決する。

繁華街だったらコンビニは何件もあるので、そこは悩むほどじゃない。

部屋にエンタメ性がない

ビジネスホテルは部屋が狭かったり、ベッドの大きくなかったり、お風呂が大きくなかったり、大人のおもちゃがなかったりとエンタメ性はラブホテルに劣る。

そういった物質的なものを打ち負かすことは超簡単だ。

この男とだったら、そんなもの必要ない。と思ってもらうこと。

俺と話すことで楽しいとかワクワクするといった感情を持ってもらうことだ。

超重要な感情のお話はこちら。

【希望の話】人は感情の塊。だからこそブサイクでもイケメンに勝てる

続きを見る

まとめ

ラブホテルが満室で急遽ビジネスホテルを使うことになったことで、その魅力に気がついてしまいました。

最近ではラブホテルには行ってない。

特にGo TO キャンペーン期間はビジネスホテルの虜になりそうです。

俺は今日もビジネスホテルに向かうよ。

-魅力を上げるアイテム
-, ,

© 2022 地方のおっさんがマッチングアプリで美女を抱く物語 Powered by AFFINGER5