考え方

【マッチングアプリ】初回のデートでやっちゃだめなこと3選

マッチングアプリを開始するまで女の子とデートするなんて片手で数えるぐらいだった。

だから、デートに慣れていなくて数々の失敗をしてきた。

今回はそんな失敗を紹介して上で、対応策も紹介していきます。

失敗を減らすには事前に先人の失敗事例を参考にするのがよきです。

この記事を書いてる人

太陽
静岡でマッチングアプリを攻略してます

太陽のプロフィールはこちら

お店は俺が選ぶ

お店選びについて絶対に守って欲しい3ルールがあります。

女の子の指定した店には行ってはならない。

これはマジで地雷です。

俺が住んでいる静岡でさえ、ぼったくりのお店が存在します。

極わずかだけど存在するし、そんなお店は消えてはまた出てきます。

怖いお兄さんが出てくるかも・・・

女の子が客引きしているケースも仲間からよく聞きます。

なぜなら女の子は無料でマッチングアプリを利用できるからコストがかからない。

割とフットワークが軽い。

また緊急事態宣言が発令されてから、お金を得る手段の一つとして考える女も増えています。

女の子を全力で口説きにいってボコカスにされてダメージを受けるならまだしも、面倒なことに巻き込まれて恋愛することにビビってしまうのはすげー勿体無い。

俺は恋愛を楽しんで、今よりも人生を楽しむ男を増やしたいと思ってこのブログを運営しています。

だからこそ、このルールは死守して欲しいです。

女の子が好きな食べ物をチョイスして損した話

先ほども言ったように、マッチングアプリを開始するまで女の子とデートするのは片手で数えるほど経験が少なかったです。

ある女の子と電話した時に、お互いにラーメンが好きということで盛り上がり、デートでは女の子が気になっているラーメン屋に行くことになりました。

当時は

モテない太陽
デートが決まった。おっしゃー!

と歓喜していました。

はい。これも地雷でした。

女と初デートでラーメン・・・

想像しただけでもゾッとします。

まず喋れない・・・

喋れないってことは共感させることもできない。

ラーメン屋の店主の声が

『へい、らっしゃい。

お客さん、何にしましょうか?』

と連呼する店内は口説く雰囲気などではない。

俺は自ら地獄を選択してしまった。

お店選びの注意ポイント

①店選びの主導権は俺にある

太陽
お店は俺が選んでいい?

って聞く。

99%の確率で喜ばれます。

女は責任を負いたくない生き物です。

だからこそ、こちらが少し責任を追う形で店を選びます。

②女の子の苦手な食べ物を聞いておくこと

生魚がダメって女は結構多い。

③②を考慮した上で、美味しいゴハン屋さんを2件チョイス。

④③で選んだお店を女の子に提示して決めさせる。

女は自分で最終決定したので不満を言わない。

⑤ゴハン屋さんはラブホテルorビジネスホテルから100m以内であることは必須条件だ。

お酒は諸刃の劔である

ゴハン屋さん選びに付随してお酒にも触れます。

ゴハンの際にはお酒は必須と考える男も多いでしょう。

俺も最初はそう考えていました。

お酒が入った方が話が弾むに違いない!呑むぞー

でも、最近のニュースを見ていると『お酒』は諸刃の剣だと考えています。

トラブルに巻き込まれる可能性も上げてしまうからです。

それを考え始めてからお酒なしでも口説けるようになった方が得なのではと行動を変えた。

これは成功だった。

  • お酒のトラブルに巻き込まれることはない。
  • お酒を無理に飲ませるようなことはないので謎の余裕感が出た。
  • お酒が苦手で飲まない女の子も口説けるようになった。

財布の管理は必須

セックスした翌日、起きたら彼女をその部屋からいなくなっていた。

お札と共に・・・(残金1円)

LINEはもちろん繋がらない。

ビジネスホテルに宿泊で、前払いだったからなんとかなった。

そんな話を友人から聞いて、マンガのようなことが現実でも起こってるんだとゾッとしたのを覚えている。

それを回避するにはどーしたらいいのか?

2つの答えがある。

①ある程度の関係性を築けるまでお泊まりはなし。

セックスしたら解散。

理由は明日の朝早いでも枕が変わると眠れないだの、なんでもあり。

②お金を分散しておく
俺はデートの時にクレジットカードもキャッシュカードも免許証も持ち歩かない。

財布は2つ用意して分散しておく。

女遊びはトラブルも起きやすい。

そういったリスクを回避してでも楽しみたいのが恋愛だ。

コンドームで安心感を与える

たまに女がコンドームを持っているケースがあるけど、何かの細工がされているのではないかと疑ってしまう。

ラブホテルに置いてあるコンドームも安心できない。

コンドームに関してコンビニで女の目の前で買うようにしている。

俺としてはその方が安心できるし、女も買った瞬間を見ているのだから安心できると思っている。

まとめ

恋愛は感情と感情のぶつかり合いだ。

だからトラブルは起きやすい。

幸いなことに先人がたくさんの失敗をし、それをネタとして披露してくれている。

先人の失敗ネタをフル活用して、トラブル回避しつつ恋愛を楽しもう

-考え方
-, ,

© 2022 地方のおっさんがマッチングアプリで美女を抱く物語 Powered by AFFINGER5