考え方

【農家は恋愛・結婚できない】に物申す。農業男子の魅力を知らないだけ

太陽
農業男子ハンパねー

マジでオスとしての魅力がある。

その一方で彼女がいなかったり、結婚していなかったりする人が本当に多かった。

この記事ではその悩みを打破していく。

この記事を書いてる人

太陽
静岡でマッチングアプリを攻略してます

太陽のプロフィールはこちら

農業男子の魅力

農業男子の新時代の3K

鍛え上げられたカラダ

鋼鉄のメンタル

経済力

上記の3つを合わせて農業男子の新時代の3Kと定義している。

鍛え上げられたカラダ

機械化・自動化が急速に進んでいるが、どーしても手作業が必要な部分がある。

農作物と夢が詰まったコンテナを日々何百、何千と運び、肥大化していく筋肉。

ジムにいく必要が全くなくカラダは仕上がっていく。

恋愛に置いて筋肉は武器になる。
何も言わずとも強さを感じてもらえる。

鋼鉄のメンタル

正直言って農作業は地味で、しかもキツイ。

腰を曲げて長時間、連日続く草取り。

種まき、水やり、防除や耕作etcなどの作業を何箇所もやっていく。

収穫もレジャーとしてなら楽しいのだろうが、仕事としての農業はそんなもんじゃない。

農業を始めたい人が体験をしに来ることが多いようだけど、ほとんどの人は疲れ果てた顔で帰っていく。
99%の人は始めることさえしない。

仕事としての農業は甘くない。

キツイ作業に加えて、天候や自然とも戦っていかなくてはならない。
収穫の時期はどんなに雨が振っていようとも朝早くから。

そんなキツイ作業を毎日、何年も繰り返している農業男子は鋼鉄のメンタルを持っている。

逆に鋼鉄のメンタルを持っていなければ続かない。

経済力

農家はサラリーマンの平均収入と比べても遜色はない。
(農林水産省の統計データより推察)

平均以上であることも珍しくない。

その上、家も大きく庭が広いパターンもあるx2だ。

農家が恋愛・結婚できない理由

農業男子の新時代の3K

鍛え上げられたカラダ

鋼鉄のメンタル

経済力

こんなにも魅力がある農業男子がなぜ恋愛・結婚ができないことが多いのか?

悩みに悩んだ末、一つの結論が出た。

 

魅力はあるのに、その見せ方と出会いがないだけ

 

見せ方

農業の新しい栽培方法を出れば学ぶのは当然だ。

農業器具が発売されれば、セールスマンに話を聞いて学ぶ。

受験勉強と言えば、塾に通ったり進○ゼミのような通信講座を受講することがある。

自分が知らない分野では、その道のプロから教えてもらうことがほとんどだったはずだ。

雑誌やドラマの何の役にも立たない情報を鵜呑みにしている人も数え切れないほどいる。
自己流でやってしまっている人が本当に多い。

今の時代の農業男子は素材として眩しいくらいに輝いている。

でも、その素材が輝く見せ方を学ぶ機会がなかったばかりに素材を台無しにしてしまっている。

これってめちゃくちゃ勿体無いやん!

出会いがない

一日のほとんどを圃場や倉庫で過ごすことが多い。

絵に描いたように家と職場の往復の生活。

ここまで一生懸命仕事をしていたら、女性と会う機会がなくても仕方がない。

JAが大規模なお見合いのようなものを主催しているが、事前の情報がほとんどなく、女性と話始めなければならないのは正直しんどい。

本当はピッタンコ合う話題があるのに、それを見つける前にタイムアップになってしまうことだって・・・

解決策


『農業男子がなぜ恋愛・結婚ができない』問題を唯一解決するのがマッチングアプリです。

この一択。
それ以外はありません。

知り合いの紹介、合コン、道端でのナンパ、街コンなどはコスパが異常に悪いです。

マッチングアプリなら、事前に女の子の情報がある程度分かります。

顔、年齢、体型、自己紹介があればどんな性格なのか、何が好きなのか、何が嫌いなのか。

マッチングしたら農業男子の魅力、価値観をブチ込んでメロメロにした状態で実際に会いましょう。

-考え方
-, ,

© 2022 地方のおっさんがマッチングアプリで美女を抱く物語 Powered by AFFINGER5